視察ツアー

概要


日時:2016年11月4日(金)13:00〜18:00
集合場所:コラッセふくしま
移動方法:貸し切りバス
参加代金:8,500円(※昼食代込み)


視察ツアーコース


1. 出発

13:00 | コラッセふくしま

http://www.wcpc2016.jp/wp-content/uploads/2016/09/corasse.jpg


2. 飯舘電力

14:10 | 飯舘村伊丹沢太陽光発電所

http://www.wcpc2016.jp/wp-content/uploads/2016/09/itamizawa1.jpg

飯舘村は、原発事故により全村避難、失職、家族崩壊、除染による農地破壊、風評被害などの影響を受けました。そして、5年以上にもおよぶ全村避難で、除染を行う農地、また荒れ果てた遊休地は、帰村してくる農民の営農再開を阻むこととなりました。この様な状況の中、飯舘村民が自ら立ち上がり、村民による村民のための飯舘電力株式会社を立ち上げ、低圧太陽光発電所の建設をはじめました。営農再開する村民とは、パネルの下での営農と太陽光発電が共存できるソーラーシェアリング事業を協業し、村民の生業の復活と雇用の創出を目指しています。



3. 元気アップつちゆ

16:00 | 土湯温泉バイナリー発電所&東鴉川水力発電所

http://www.wcpc2016.jp/wp-content/uploads/2016/09/binaryplant1.jpg

震災で観光客の激減により土湯温泉の旅館は廃業に追い込まれ減少しました。しかし、温泉街の復興計画の中心に自然エネルギー事業を組み込み、高温高圧で良質な源泉を活用した温泉熱バイナリー発電、豊富な湧水、急流および落差を稼ぐ砂防堰堤を活用した小水力発電に取り組みました。土湯温泉では、発電施設を観光資源化し、街の復興を目指し、雇用を創出するなど、地域活性化へとつなげています。



4. 解散

18:00 | 福島駅

http://www.wcpc2016.jp/wp-content/uploads/2016/09/Fukushima-station_west.jpg